自然治癒力と免疫力を高めて病気を治す会
Slider
自然治癒力と免疫力を高める
自然治癒力と免疫力を高める会では、自然治癒力と免疫力を高めて病気を治す方法や健康教育をはじめ、自然治癒力と免疫力を最大限に引き出し、心身のバランスを整え、症状を改善に導くための活動(健康的な運動、健康的な食事、健康的な入浴)を行う病気と健康を支援する体験型健康教育ポータルサイトです。

こころの健康

Read More

健康体温36.5℃とは?

Read More

基礎体温と生活習慣病

Read More

医師からの手紙を受け取る

医師からのお手紙(メルマガ)を受け取りたい方はこちらからご登録してください。

あなたの基礎体温はいくつ?
メールアドレス

会員登録

新規ユーザー登録
* Please indicate that you agree to the Terms of Service
*必須項目

Facebookグループ

 
自然治癒力と免疫力を高めて病気を治す会
非公開グループ · メンバー19,895人
グループに参加
自然治癒力と免疫力を高めて病気を治す会にご参加いただきありがとうございます。また、当グループをご活用いただきありがとうございます。 ドメインが変更になりました。 https://chiyuryoku-byouki.com/ 【会の目的】 年々、右肩上がりに増え続ける高齢化などを背景に、日本の国…
 

自然治癒力と免疫力を高める取り組み

未病の改善(健康寿命の延伸をめざして)3つの取り組みを推奨しています。

運動プログラム

食事プログラム

入浴プログラム

私たちの思い

年々、右肩上がりに増え続ける高齢化などを背景に、日本の国民医療費は毎年1兆円を超えると社会問題になっています。このままでは近い将来、日本の健康長寿を支えてきた「国民健康保険制度」も破綻しかねない状態に陥ります。これらの大きな問題の原因は、平均寿命が長くなり、生活習慣病などが問題になってきた現代において、日々をいかに健康に生きるかが問われはじめています。 そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。私たち一人ひとりの健康に対する意識改革が求められてきています。セルフメディケーション及び自然治癒力を高めるために最も重要なのが「温活」です。 「温活」とは、「体温を上げる活動」のことを言います。「体温が1度下がると免疫力は30%低くなる」と、免疫学者である阿保徹先生をはじめ、様々な医師たちが口にしています。平熱36℃以下のことを「低体温」と言い、現代人の多くの人が、この低体温に該当しています。 低体温の大きな原因は、ストレスや生活習慣の変化が関係していると言われています。また、日々の暮らしの中で、「目に見えない体への有害物質」の吸収蓄積や「食品添加物の過剰摂取」にも関係があると指摘されはじめています。人々の健康寿命の延伸を目標に、これらの問題を解決するため「体温を上げる」ことがいかに大切かを伝えていきます。